recital
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- - -
あの人
007、チェゲバラ、マンマミーア、20面相、送り人、見たい映画が溜まってきた。
去年末から今年にかけて面白い映画が多い。
2月23日の第81回アカデミー賞も盛り上がりそう。
ノミネートを見ていて、意外な人物が居た。
ジェームスディーンの再来とまで言われ、私も大好きだった超ハンサムなあの人。
ミッキーロークである。
しばらく見なかったが何をしていたんだろう、と調べてみると壮絶な半生が次々と。
ボクシングにハマりすぎ顔が歪んでしまい、整形を繰り返すうちに見るも無残な容姿に。
見た目もすっかり変わってしまった彼は見事なまでの転落人生を経験し、俳優業から遠ざかっていたのだ。
そしてまた俳優業を志し、奇跡のカムバックを果たした。
「レスラー」というこの映画、今回のアカデミー賞2部門ノミネートし、その主演男優賞候補が彼なのだ。
写真をみると面影もほとんど無いくらいで、よく復活できたなと感心していた矢先。
今度は本当にプロレスラーとしてデビューするらしい。
基本的に懲りない性格なんですね。

art comments(0) trackbacks(0)
媒体
日本政府の2次補正予算案に2011年の消費税導入を表記するかしないか。
そんなことはどうでもいい。
2011年なのが問題に思う。
TVの地上波がすべてデジタルに変わるこの年に消費税引き上げ。
それはまるで地デジにかけた費用の採算がとれないと言ってるようなもんじゃないか。
日本の放送局はいまやネット広告市場に利益を奪われ存続の危機。
それなのに地デジ放映権を売り出して利益を得ようとするこの目論見は、
大はずれになる見通しが高い。
2011年は、そこまでして綺麗なモノや音を享受したくないという世論が爆発しそう。
だが、一般的なイギリス人はこう言う。
”日本人は幸せだ。無料でいつでも最高品質のTV番組が見れてる。
特にCMはずっと見ていても飽きない”
イギリスのBBCも面白いと思うけど。
言われてみればそれもそうかと思い直す。
過去にも、国力のための国策によって文化の品質や勢力を伸ばすことは重要だった。
より美しい事やものに触れるのは、無意識のうちに人の心を落ち着かせる。
茶の湯のように、それが直接国の繁栄や発展に結びついた事例も多い。
消費税も自分のα波も2%増えればそれでいいのかもしれない。
新たな天下り協会が増えることも否めないが。。。。



recital comments(2) trackbacks(0)
レビュー
HDDをワンプラッターにした。
普通のHDDは、銀色の平べったい箱の中で数枚のディスクが駆動するが、このHDDはディスクが1枚で記憶容量の圧縮技術が高いため、読み込みが早いという理屈。
SSDが欲しかったんだけど、高額、まだ不具合が多いこと、デスクトップで使うには専用シャーシも必要ってことであきらめた。
起動に最適と謳っているので早速OSをインストール。
久しぶりのWindowsのインストール。
知らない間にセキュリティが強化されていて、普段の使い勝手にしようとするとかなり手間がかかった。
完了して起動するとOSの起動はかなり早くなった。
音も静かだ。
あとは長持ちしてくれたらいいんだけど。



recital comments(0) trackbacks(0)
ピース
オバマさんは対話によって平和とアメリカの強さを維持していくと公言している。
人は本能で戦いを求めている生き物なのに、憤りは話だけで解決するんだろうか。
いずれ知性や理性が暴力を凌ぐ社会が来ると誰もが信じたい。





recital comments(2) trackbacks(0)
視点
ネットゲームTANTRAを始めて4年が経つ。
始めたころは客観視していたことも、いまやゲーム内から主観的に自分を見ることもある。
でも、どこかヲタク文化を否定している自分がいるので、あくまで客観視しようとしている。
その甲斐あってか、ゲーム内のいろんな人の現実の人柄に興味が沸く。
敬虔なMMOプレイヤーからするとそれはご法度らしいが。
自分とは違う自分、理想の自分、コンプレックスの無い世界。
みんな、ゲームをしながら自分だけのゲームを持っている。
そのルールが私の場合、そうなんだとおもう。



tan comments(2) trackbacks(0)
とりわけ
Aを勧められて断り、Bを勧められても断る。
その間Cを楽しみ、皆が飽きた頃にAとBに興味が沸く。
わがままもほどほどにしましょうよ、私。
recital comments(2) trackbacks(0)
ドラえもん
アメリカの有名ラッパーがMTVで熱く語っていた一言。
男の服には絶対にポケットが必要だ。それは多ければ多いほどいい!と。
いや、それは違うだろう、とそのときは思った。
ポケットにものを入れるとごわごわするし不恰好。
紙類でもいれて洗濯しようものなら目も当てられない。
事前に段取りえを考えておけばポケットを利用しなくてもいいはずだ。
だが昨日の夜。
大事な現場に到着すると、いつも胸にあるペンが無い。
仕上がり間近の建物内には誰も居ない。
コンビニは遠いし、土地勘も無く、車にも筆記用具は無かったはず。
これは困った、たかが一本のボールペンで。
普段あまり着なかった上着のポケットを探ると昔買ったペンが出てきた。
なるほど。
この一言は心のポケットにしまっておこう。





recital comments(0) trackbacks(0)
お気に入り
 気に入ったものを集めていくブログ。
チェホンでインパクト
http://gezimayuo.blog117.fc2.com/blog-entry-3302.html
- comments(0) trackbacks(0)
<< | 2/2 |