recital
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- - -
生活2
 洋楽が大好きで新曲が出るたびに和訳しつつ聞く。
難解な歌詞も多く未だに理解できないものもある。
クイーンの歌詞は半分以上理解できないままだ。
特に下に書いたアンダープレッシャーという曲の歌詞。
宗教っぽくもあり、牧歌的な曖昧さもあり、ずっと意味が解らなかった。
ある日聞き返してやっとわかった。
この曲はデュエットで、歌詞は会話だったのだ。
それもオペラ風の会話を意識しているだけだった。
そう意識しつつ聞き返すとサビのメロディが更に良く聞こえた。
反復と緊張を繰り返しようやく解決に至った。
それがメロディの基本であるように。







art comments(35) trackbacks(0)
生活
 プレッシャーが僕にのしかかり
君たちを押しつぶそうとする
誰も望んではいないことなのに
圧力の下で
ビルディングは燃えて崩れ落ち
家族は真っ二つに引き裂かれ
人々は路頭に迷う

この世界が今どうなっているのか
それを知ることが、恐ろしい
親しい友たちが「ここから出してくれ!」と叫ぶのを見ることも
明日のために、祈ろう―僕をもう少し高みに引き上げてくれるように
圧力は、人々の上に―路上をさまよう人々の上に

あちこちにうろついて、頭が痛くなるほどさんざん考えてみた
降れば、いつも土砂降り、そんな日ばかりだ

路上の人々―路上をさまよう人々
この世界が今どうなっているのか
それを知ることが、恐ろしい
親しい友たちが「ここから出してくれ!」と叫ぶのを見ることも
明日のために、祈ろう―僕をもう少し高みに引き上げてくれるように
圧力は、人々の上に―路上をさまよう人々の上に

目の見えない人のように、すべてのことに背を向けてみた
塀の上に座って、傍観者になってみたけれど、上手く行かなかった
愛を保ちつづけたいけれど
それはずたずたに切られ、ぼろぼろになっている
なぜだ―なぜだ―なぜなんだ

愛よ――

狂気の笑い声を上げながら、プレッシャーのもとで
僕らは壊されていく
自分に、もう一度チャンスを与えることができないのだろうか
なぜ愛に、もう一度チャンスを与えることができないのだろう
なぜ、愛を与えることができないのだろう――

なぜなら愛とは、あまりに使い古された言葉
そして愛は君に、夜の淵に生きる人々を助けろと強いるから
そして愛は自分自身を大切に思うその考えを
変えてみろと、けしかけるから
これが僕らの、最後のダンス
これが僕らの、最後のダンス
これが、僕ら自身の姿
プレッシャーのもとでの
プレッシャー

art comments(0) trackbacks(0)
なんしかしかがわ
古代ギリシアの闘技場では格闘技会が行われていた。
対等のルールに拘り、生死をかけた神聖な戦いであった。
観戦し、勝者に金をかけることも神聖な行為と見做された。
これが賭博の起源であり、遊戯として発展していった。
今日、それは現代ビジネスの基礎を形成し、株式を生み出した。
戦いという娯楽を我々に課して株式会社を運営するガンホー。
その経営姿勢に神聖な理念があるかどうか聊か疑問だ。
tan comments(0) trackbacks(0)
ただより高いものは無い
科学を掘り下げると生命と製品の違いは種にしかないように思えてしまう。
種は厳しい自然の中に安らぎという律格を求めつつ進化してきた。
そのように発展させようと試みるWEBの世界。
製品にそのようなものを求める自体ナンセンスだ。
recital comments(0) trackbacks(0)
レッドロック No.4・999
タレント、学生、相撲界などの若年層に、麻薬や薬の使用、所持に関するニュースが多い。
以前は若年層が使用するケースは少なかったように思う。
なぜこれほど蔓延しているんだろうか。
麻薬原料はいまでもバッファゾーンである黄金の三日月地帯や、黄金の三角地帯で栽培されている。
生成されて欧州経由でロシアから、東南アジア経由で北朝鮮からと、
あらゆる経由で日本に持ち込まれる。
そしてヤクザが取り持ち、卸されていく。
昔はそのまま消費者へと卸されていた経由が、最近は一般の若年層によって二次卸されているケースが多い。
なぜ若年層がそこまでして金を儲けなければならないのか。また、そうした考えに至るのかは単に不景気だからとは言い切れない。
その背景は、ITビジネスにより青年でも容易に富を得れる環境がある。
所謂、青年実業家の台頭だ。
そして今、すきま産業によって財を得たり夢を見た青年が、心のすきまを闇の商売に奪われているのだ。
新興事業は年齢による信用性が低く、資金調達の壁にぶち当たりやすいという要因も関係している。
具体的に最近の事件では慶応大生のケースがある。
事業をしているOBから誘われ、学生の人脈を使い、麻薬や大麻を販売していた。
オバマ大統領はイラクからの兵を撤退させ、今後は軍事力をアフガニスタンの麻薬組織撲滅に向けると公言した。
早く実現してほしいと心待ちになる。
recital comments(0) trackbacks(0)
物種
TANTRAに新たな16次装備がよく出るようになった。
なのに15次装備と強さ一緒ってどーゆーこと。
見た目変わるだけじゃ誰も精錬しませんよこれ。
しかも武器のグラフィックはユニーク武器と同じ。
バグなのかこのままなのか良くわかりませんが、運営のやる気の無さはよく伝わってきます。
FEZ、絵さえ、この絵柄さえなければ後は言うこと無いのに。無念。
FEZ模擬戦争の模様
tan comments(2) trackbacks(0)
経済を牽引してきた製造業は住宅、車、家電製品。
このうち、日本とアメリカの車産業は落ち込みが顕著だ。
ガソリンの供給不安だけがこの要因では無い。
高級路線を貫こうとしたところは、トヨタや日産、GMも同じ過ちをしている。
最も大きな過ちは、ローンでの高級車販売に力を入れ、その債権を金融商品にしてしまったところにある。
高級車のローン債権金融商品は、サブプライムローンに次ぐ大きな市場を生んでいた。
そして、高級車ローン+サブプライムローンを合わせた複合債権商品が市場に溢れかえってパンクした。
現在各社は電気自動車の開発によって、ガソリンカーからの脱却を掲げ、経営再建を目指している。
ガソリンを動力にしてきたエンジンは、電気駆動になることにより、大幅な部品削減が可能になり、製造コストが下がる。
だがそれは既存部品工場の危機を生み出している。
この現状にも関わらず、一部有名メーカーで高級ガソリンカーが続々発表されている。
経済情勢に逆行したようなこの流れに冷ややかな視線が向けられる。
それは、車会社の最後の希望と意地なんだろうか。
すべての製造に夢がなくなって、人よりロボットの数が多くなるまでの。
recital comments(0) trackbacks(0)
韓国ゲー
AIONがかなり面白そう。
レビューや評論サイトもかなりプッシュしている。
2008年大韓民国ゲーム大賞を受賞したことも拍車をかけた。
MAPやシステムを小出しにしたり、サービス開始予定日を繰上げたりと、
開発運営のやりかたに自信を感じる。
日本では9月開始の予定が10月以降に延期と発表があった。
そう告知しつつ、これも繰上げしてきそうな予感。
予告の綺麗なデモトレーラー
実際のゲーム画面はフツーのMMORPGでした。
経済構造の管理がしっかりされていれば、またハマりそうで怖いっす。


tan comments(1) trackbacks(0)
彷彿
映画007慰めの報酬を観た。
笑う余地はほぼ無い。
超シリアス、ハードボイルドな作品だった。
007シリーズは、シリアス色とコメディ色のどちらかに概ね分かれている。
前シリーズまでの流れはコメディ色が強かっただけに、急にガチガチな展開には面食らった。
リセットしたような、スパイ映画の本文に返ったような雰囲気もあり、今後の007からはもう目が離せなくなった。
賛否両論のニューボンド、ダニエル・クレイグ。
伝統の英国スーツの着こなしでは無く、デザイナーはトム・フォード。
こんな野蛮なのは007では無い!と言う007ファンの声が多いが、映画の最後にはしっかりとあの決め台詞が。
James Bond will return.
約40年間こういい続け我々の前に戻ってくる007。
これこそが伝統であり、紳士だ。






art comments(0) trackbacks(0)
好き嫌い
MMORPG、TANTRA。
このゲームにはPvPがある。
相手は人なので勝利する為には様々な作戦が必要になる。
ゲームの仕様もしょっちゅう変わるので、それに合わせて流行の戦術や工夫なども生まれる。
やりこんでいくうちに仕様とはまた違った偶然の要素も生まれ面白味を増す。
TANTRAは、8種類のキャラクターに合わせ、部隊は自然と分かれる。
敵に勝つためには各々の部隊の慣れた人たちが最も要となる。
慣れた人同士が連携をとり、自然と布陣ができあがる。
敵もその間、それに見合った布陣となり、互いに様々な条件下で前線を選ぶこととなる。
そして何処かで激突する。
私が遊ぶキャラクターはたぶん、軽装歩兵のような役割だ。
身軽に敵をかく乱威嚇し、敵の部隊をばらけさせ、後ろの味方部隊の突破口を切り開く。
その後速やかに部隊に戻り、側面、後方の守りにあたる、の繰り返し。
要するにそれだけだが、これが難しい。
基本に徹するだけだと面白くないときがあり、そうすると味方の誤解を生んだり、またその逆であったりと、敵味方問わず様々な思惑も交差する。
頭を使うことは大好きなのでやり始めると止まらなくなる。
そしてまた寝不足になるのであった。。。。







tan comments(2) trackbacks(0)
| 1/2 | >>